ウォーカープラス - ワラウ

世界遺産で潮干狩りにSUPまで!今週末行きたくなる“裏宮島”の魅力!

2024年6月18日

  • ゴールデンウィーク(GW)には海外旅行などのロングトリップを楽しんだ人も多いのでは。しかし、日本国内にも魅力あふれる観光スポットがさまざまある。今回は、週末旅行でも満喫できる国内旅行として、広島県宮島の旅を提案。


    宮島は、美しい瀬戸内海と世界文化遺産の嚴島神社で、京都府の天橋立、宮城県の松島とともに、日本三景にも数えられる国内屈指の景勝地。歴史ある遺産や建造物はもちろん、食べ歩きグルメやアクティビティなど楽しめる要素が満載だ。本記事では定番だけではない、裏の宮島の楽しみ方も詰め込んで、一味違う宮島の魅力を紹介!


    宮島に行ったら見逃せないのは、やっぱり大迫力の「嚴島神社」


    「令和の大改修」を終えた大鳥居には、干潮時、歩いて行ける


    まず訪れたいのは、定番の嚴島神社。宮島のシンボルとして知られる嚴島神社の大鳥居は、2019年より実施された70年に一度の全面的な工事“令和の大改修”が完了し、宮島を訪れる観光客を再び魅了している。干潮時には、大鳥居まで歩いて行けるのもうれしいポイント。

    続きを読む