ウォーカープラス - ワラウ

商業出版と同様のクオリティで、終活や事業承継に活用できる書籍制作サービス「エンディングブック」がスタート

2024年6月22日

  • 70媒体以上のメディアに関わってきた代表と15年以上の幅広いPR経験を持つメンバーが所属する株式会社com-textが、終活や事業承継の一環として活用できる書籍制作サービス「エンディングブック」(※商標登録出願中)をリリースする。


    人生だけでなく事業などの区切りに向けて、家族やパートナー、後継者などに伝えておきたいことを1冊の本としてまとめられるこのサービス。商業出版に関わってきた編集者・ライターが何度も取材を重ね、書店に並んでいる一般書籍のようなクオリティで仕上げてくれるのも大きな特徴だ。


    事業承継や終活の一環として活用できる書籍制作サービス「エンディングブック」(イメージ)


    商業出版と同様のクオリティで自由度の高い書籍が作れる


    終活で定着した「エンディングノート」は、自身にまつわる情報や遺産相続に関する希望などを書き留めておくノートのこと。一方で、「エンディングブック」は自身の経験、思い出、自伝、エッセイ、フィクション、知見、持論、経営哲学、メソッドなど内容は自由。伝えたいこと、話しておきたいこと、残しておきたい記録を本としてまとめることができる。

    続きを読む