ウォーカープラス - ワラウ

【ホラー漫画】夫は「見える側」の人。エレベーターに佇む女性、真夜中の来訪者…背筋の凍る恐怖体験は“事故物件”のせいだった…?【作者に聞いた】

2024年7月7日

  • 子どものころから文字や絵で補足しながら会話を楽しみ、やがて伝えたいことを頭の中で反芻するうちにそれを漫画として描くようになったという、キタハタエミ(@emi_kitahata)さん。Instagramにて趣味で描くエッセイ漫画を公開している。


    今回は、キタハタエミさんが2019年から投稿している「夫の見た幽霊」シリーズから、「夫の見た幽霊 エレベーター/吹聴」を紹介。こちらは、猫の姿で描かれた“幽霊が見える夫”の不思議体験を題材にしたエッセイ漫画の3作目だ。本作の見どころや裏話などを、作者のキタハタエミさんに聞いた。


    いつも同じ服、同じ場所に佇む女性…。「見える」夫が体験した不思議体験に背筋が凍る!


    猫の姿で描かれた夫の不思議体験を描くシリーズ3作目「夫の見た幽霊 エレベーター/吹聴」 キタハタエミ(@emi_kitahata)


    奥さんの髪型が苦手という夫。その理由は… キタハタエミ(@emi_kitahata)


    昔住んでいたマンションのエレベーターで、女性の霊を見たという夫 キタハタエミ(@emi_kitahata)


    「生きてる人じゃない」


    エレベーターの前にいつも同じ服を着て佇む女性。そのうち女性は、場所を変えたり、現れなかったりと動きを見せるようになった。その奇妙な存在にはじめは恐怖を抱いていたというが、「なんかもう別に怖くないなあ」と日常の中で恐怖感は薄れていく…。しかしそれは、さらなる恐怖体験への序章に過ぎなかったのだ。

    「見える」夫の不思議体験を題材にしたこのエッセイ漫画は、基本的にノンフィクションで描かれている。作者であるキタハタエミさんの旦那さんは普通のサラリーマン。しかし「自分には霊感なんかない」という主張をしているものの、いわゆる「見える」部類の人間なのだ。漫画は旦那さんが猫の姿で描かれており、見た目はとても可愛いのだが、内容はなかなかに背筋が凍る体験ばかり…。


    「夫は、幽霊が見えることを周りの人や幽霊にも気づかれないようにそっと生きている」そう話すキタハタエミさん。エミさん自身も旦那さんとの電話中に「いないはずの複数の男女が楽しく盛り上がっている声が聞こえる」という不思議体験をしたことがあるそうだ。


    取材協力:キタハタエミ(@emi_kitahata)

  • 記事一覧に戻る