ウォーカープラス - ワラウ

【ホラー漫画】得体の知れない幽霊と漫画家だけが姿を消してしまう宿の謎… 最後までハラハラが続く怪奇漫画が話題【著者インタビュー】

2024年6月30日

  • 20代から本格的に漫画を描きはじめたハルマキ(@harumakimanga)さんは、X(旧Twitter) やブログを中心に漫画を公開している。2024年1月まで創作漫画「次々と漫画家が消えて行く宿」をブログにて投稿。漫画家たちが一軒の宿に泊まることになるが、そこでは漫画家だけが姿を消してしまうという奇妙な現象が起こる。数々の得体のしれない幽霊たちが登場し、最後までハラハラするエピソードだ。本作が誕生した経緯や裏話などについて、ハルマキ(@harumakimanga)さんにインタビューした。


    予想外の展開に驚きと恐怖が走るダイナミックなホラー漫画


    宿泊者をお出迎えする女将だが… 画像提供:ハルマキさん


    「次々と漫画家が消えて行く宿」1-1 画像提供:ハルマキさん


    1-2 画像提供:ハルマキさん


    本作が誕生したきっかけは、漫画家の師匠から「謎」は人を惹きつけるから「謎」をテーマに1つ描いてみてはと助言をもらえたことだった。ハルマキさん自身は、心霊体験も霊感もなく、ただ、ホラー映画や人の心霊体験を聞くが好きで、こうなったら怖いだろうなと妄想するのが好きだという。そんな好みを追求していくうちに筆が進み仕上がったのだそう。

    恩墓呂荘では次々と幽霊が出てくるが、なぜ、最後に崩れたのか聞くと「そもそもあの建物自体は大昔にとっくに崩壊していたのを、たった1人の人物の思念で形が留まっていただけなので、そいつが倒れた今崩壊したのではないでしょうかなんて…もっともらしいことを語ってますが。館ものや、建物を舞台にした作品は最後は壊れてなんぼ!って思い込みです」と教えてくれた。


    最後に「軽いノリでギャグ漫画を描こうとしたら、思ったよりシリアスになっちゃって、作者の奇妙な絵描きたい好み盛り込んじゃって、思いのほか長くなったホラー作品とそれを描いたハルマキをよろしくお願いします!」とメッセージを寄せてくれた。


    ハルマキさんのダイナミックな作風と気になるオチを読んでみて!


    取材協力:ハルマキ(@harumakimanga)

  • 記事一覧に戻る