ウォーカープラス - ワラウ

【おっと、これは見逃せねえ!】「花の慶次 原画展」が開催!完全再現の刀剣展示や“小便鉄砲”フォトスポットも

2024年7月10日

  • 漫画をテーマとしたアートギャラリー「GALLERY ZENON(ギャラリーゼノン)」にて、大人気戦国漫画「花の慶次 ―雲のかなたに―」(原作/隆慶一郎、漫画/原哲夫、脚本/麻生未央)の原画展「花の慶次 原画展 〜漢と刀と、かぶき旅〜」が2024年7月5日より開催中だ。


    「花の慶次 原画展 〜漢と刀と、かぶき旅〜」


    人気エピソードを中心に約130点以上の生原画を展示


    前期・後期合わせて約130点以上の「花の慶次―雲のかなたに―」生原画が登場 (C) 隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/コアミックス 1990


    「北斗の拳」で世紀末の漢たちを描いた原哲夫先生。その原哲夫先生が新たに描いたのが、戦国乱世を生きる“いくさ人”だ。この原画展では、原哲夫先生が描く戦国の世界、特に前田慶次をはじめとする武将たちの魅力を、前期・後期合わせて約130点以上の貴重な生原画で展開。筆の運び、線の強弱、効果線の緻密さなど、印刷では伝わりきらない原画の魅力を存分に堪能できる。


    全期展示予定原画 (C) 隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/コアミックス 1990


    前期(2024年7月5日〜28日)展示予定原画 (C) 隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/コアミックス 1990


    後期(2024年8月1日〜25日)展示予定原画 (C) 隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/コアミックス 1990


    さらに、月刊コミックゼノンで連載中の「前田慶次 かぶき旅」の原画も展示予定。原哲夫先生と堀江信彦先生の原作、出口真人先生の作画による新シリーズの原画も見られるというのは、ファンにとってうれしいポイントだ。

    続きを読む